Genuine Clover Ⅱ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

リングイベント


ビンゴ大会1 開催日2011/1/5

2011.01.27  *Edit 

いきなりメールで知らされたビンゴ大会開催のお知らせ。

新人さんも順調に増えているので、ここらでなにかしたいと思ったメンバーが開催したらしい?




れもんらいむ「そろそろ時間です!」
月希「というより過ぎてるけど」
れもんらいむ「イベントの会話を今からオープンで行いますので、リングチャットは普段どおり雑談でおねがいしますっ!」


コタツ周りに集まって座るメンバー達。


れもんらいむ「いない人返事してください!」
時雨翔「はい!」
アヴィニス「ノ」
味噌煮込苺パフェ「へい」
志乃月唯人「!」
月希「言うと思った」
れもんらいむ「期待通りのことはしないとですよね」


ここでおバカなお約束なことをやるれもんらいむ。

それに付き合うメンバー達・・・


雫鳴「明日の都合がある方もいらっしゃいますので」
雫鳴「先に始めましょうか」
月希「きもい」
れもんらいむ「なので、今からさくっと5分くらい時間稼ぎのためにリングマスターから新年の挨拶をしてもらいます!」
味噌煮込苺パフェ「うさぎから?」
れもんらいむ「はい。」
月希「こんなのからかよ・・・」
れもんらいむ「ではお願いしますマスター。」
時雨翔「ウサギ年だし」
スレイフォード「マジキチ」
味噌煮込苺パフェ「今年最悪か?」
月希「最悪すぎる」
時雨翔「´;ω;`)ブワッ」


きもい巨大ウサギに変身したマスター、メンバー達に賛同は得られなかったようだ。

だってきもいしww



時雨翔「えー、みなさま新年あけましておめでとうございます」
月希「あけおめー」
味噌煮込苺パフェ「おめおめ」
バルン「あけおめ~」
志乃月唯人「おめでとうございますー」
時雨翔「本日は急ながらこの場に集まっていただき誠にありがとうございます」
Selvia「あけおめですw」
時雨翔「ぶっちゃけ企画とか何もしてないのでグダグダになると思いますがよろしくおねがいします!」
雫鳴「わー、ぱちぱちー」
月希「涙目すぎる」
志乃月唯人「お願いしますー!」
れもんらいむ「ぱちぱちー」
バルン「ぱちぱち」
狐鍋「ワー」
味噌煮込苺パフェ「ぱちぱち」
れもんらいむ「はい、次いきます~」
時雨翔「それではサクサクっとイベントの方へ。れもんさんお願いします」
れもんらいむ「ルールをあらかじめ雫鳴さんからメールでご連絡させて頂いてますけれどもメールが届いていない方!ルールがよくわからない方! いたら言って下さい~ いませんね!]
雫鳴「全員に同じような内容のメールを送らせていただきましたので」
れもんらいむ「一応、概要だけ説明します~。ビンゴゲームします!以上!」
バルン「らじゃw」


れもんらいむ「では、まずはゲーム進行がしやすいようにコタツをみんなで囲んでください^^ マスターもももちゃんも」
時雨翔「はいな」
れもんらいむ「私も!」
時雨翔「どこ空いてる?」
月希「ハムの膝に上」
バルン「こたつの中」
味噌煮込苺パフェ「拒否する」
れもんらいむ「順番にかかわってくるので~なるべくちゃんと並んでください~」
月希「マスターのことだぞ」
雫鳴「Eveさんの場所確保せねば」
月希「それは私の上と相場が」
味噌煮込苺パフェ「決まってない」


予想通りにグダグダの中で始まったビンゴ大会。

ここからは長くなるのでサクッと省略。



ビンゴ大会1


まずは5番からスタート。


れもんらいむ「ビンゴしたひとは大きな声でビンゴっていってくださいね! 何かあったら場を止めてもらってかまいませんので、すとーーーっぷとかゆってください」
スレイフォード「大声マシーンですねわかりまs」
時雨翔「それはもってないなw 次私か」
月希「そそ」
れもんらいむ「はい、マスターです」
時雨翔「1番」
れもんらいむ「1番!一番きました! 早い人はこの時点でリーチです! いませんかっ!いませんよね!いないでください!」
雫鳴「途中で申し訳ありませんが再度ルールの確認をさせていただきますー 参加者は反時計回りに、数字をコールしてください。数字は1~75の間です。」


ここで遅れてくる予定だったメンバーがIN。


れもんらいむ「まだ間に合いますので、急いできてください! えっとEveさん、もう始まってますのでマスターの頭の上にでてる看板の数字を全部穴空けてください~」
月希「1個も穴が空かない」
Eve「大丈夫」
れもんらいむ「では、時間の関係もありますので、次は月希さんいってみましょう!」
バルン「3個空いたw」
Eve「全部はずれ(*゚ω゚*)」
月希「バルは今から敵と認識した」
バルン「まじか」
味噌煮込苺パフェ「敵敵」


れもんらいむ「ここでいったん確認タイムです。みんなーーーもりあがってますかーー><」
月希「Oh//」
時雨翔「いやっほー」
Eve「oh」
味噌煮込苺パフェ「ケケケケ」
狐鍋「イエーイ!!゚*。d(d∀゚)(゚∀b)b。*゚」
雫鳴「目がああああああああああ的な…w」
アヴィニス「俺の台紙が息をしていない」
月希「仕方ないね」
Selvia「w」
れもんらいむ「はいっ一息ついたところでマスターから賞品の発表です!」
志乃月唯人「わー!」
れもんらいむ「下から順に3位までお願いします! 1,2位は内緒です!」
時雨翔「雫鳴さんの提供でお送りします」
雫鳴「む?」
時雨翔「5位からかな?」
れもんらいむ「はい」
時雨翔]「5位 消費アイテム&ネタアイテム詰め合わせ」
れもんらいむ「狩りが好きな人は5位を狙いたいところですね!」
時雨翔「4位 たんす小」
志乃月唯人「じゅるり…」
れもんらいむ「地味に作るのが面倒な箪笥です!お庭造り始めた方向けかなっ!?」
時雨翔] 「+αかな・・・w」
れもんらいむ」おっと+αはないしょです! さぁ3位いってみましょー><」
時雨翔「3位 強化結晶4種類」
雫鳴「Σ」
れもんらいむ「以上です!1位2位の賞品も程度がちょっとみえたかもしれませんけど盛り上がっていきましょう!」






2へ続く
スポンサーサイト


*Edit TB(-) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。